AR(仮想現実)の活用(現場完成・施工イメージ)作業現場のデジタル化

3Dデータを活用し、現場着手前にスマートフォンやタブレットを使用し現場の完成イメージや施工イメージを重ねて可視化することで、埋設物位置確認や合意形成、打合せ等の効率化につながります。

事例1 ZOOM会議(現場遠隔臨場)にて、ARを併用している事例です。設計変更に伴う計画案をARで可視化し共有。

事例2 完成・施工イメージをARで可視化


事例3 出来形評価面(ヒートマップ)をARで可視化。計画ラインの確認


事例4 計画面ワイヤーフレーム透過と出来形評価面(ヒートマップ)を完成形状にてARで可視化

事例5 計画面ワイヤーフレーム透過と出来形評価面(ヒートマップ)を完成形状にてARで可視化

事例6 杭ナビ(+FIELD TERRACE)などICT研修会で併用したケース

事例7 水路改修工事BIM/CIMモデルを活用した現場AR

事例8 施工イメージ3Dモデルを現場に投影した事例